司法書士とは? 登記の専門家 町の法律家

司法書士(しほうしょし)とは?
登記の専門家とか町の法律家とか言われるよく聞く資格ですが、
いったい何をしているんでしょう?

まず、司法書士は司法書士法に基づいて他人の依頼を受けて
登記(会社などの商業登記と土地建物の不動産登記)をしたり、供託に関する手続きの代理をします。

また、法律事務と呼ばれている裁判所や検察庁、法務局(地方法務局)に提出する書類の作成などを行う国家資格者のこと、またはその資格制度のことを言います。

さらに最近では、法務大臣が実施している「簡裁訴訟代理能力認定考査」で
認定を受けた司法書士は、上記に挙げたこれらの業務のほかに次の業務も行います。

裁判所法第33条第1項第1号に定める額である140万円を超えない場合の、簡易裁判所における訴訟代理及び紛争について相談に応じ、又は裁判外の和解について代理するなどの法律事務も行います。

この認定考査を受けた司法書士のことを認定司法書士といいます。


国家資格者は胸にバッジをつけています。
司法書士の徽章(バッジ)は、「五三桐花」(意匠である「五三桐花紋」は、日本では比較的ポピュラーな家紋でもある)。

直径13mm、厚さ約3mmで、裏に通しのナンバリングが施されています。
司法書士徽章は、司法書士会に入会後交付され、退会届提出時、あるいは業務停止の処分を受けたときは司法書士会に返還しなければならない。

▲司法書士とは ページのTopへ