トップページ >司法書士の業務> 司法書士という国家資格は独立開業向き

司法書士という国家資格は独立開業向き

司法書士の国家資格試験に合格して、独立開業を考えた場合、司法書士という国家資格は他の国家資格と比べてメリットが多い資格です。

まず、司法書士試験に合格すれば特別な研修など受けなくても司法書士として登録することができます。研修制度がありますがこれは任意です。

司法試験の場合、司法修習を受けなければいけません。
また、公認会計士の場合などは、1次試験2次試験を受け合格したあとに、会計士補になりますが、その会計士補になって3年の研修を受けてそれからやっと3次試験を受けることができます。
それで合格すればやっと公認会計士になることができるのです。

司法書士は、うまく顧客を獲得すれば年間で1000万円以上の売上を見込むことは比較的簡単です。
これはあくまで売上なので全てが収入ではないことに注意が必要です。

こういった場合、一番経費が架かるのものは一般的には人件費です。
司法書士の業務を考えた場合、登記業務の書類を作成するのは、専用のパソコンソフトで作成しますし、その登記書類を法務局に提出する仕事も、特別人を入れなければいけないとか、他の司法書士と共同しないとできないという仕事ではありませんので、人件費を掛けなくてすみます。

そういったことから司法書士の業務は、基本的に一人で仕事が完結できる国家資格ということができます。

ここまで比較的いいことを書いてきましたが、試験に合格して、登録をして、いきなり開業をしても、仕事があって売上が1000万円以上になるかというとそういうものではありません。
どこかの司法書士事務所に仕事を覚えるために入ったとしても、そこでの給料は少ないと思った方がいいでしょう。
いずれ独立して自分の商売敵になるわけですからね。

そういったことを考えると、事前に開業試験をためておくか、合格後に開業資金をためることが必要になります。

最近では、どこかで仕事を覚えてから独立開業をするという司法書士よりも、開業して仕事をしながら覚えていくという司法書士のほうが多い傾向にあります。


▲司法書士という国家資格は独立開業向き ページのTopへ