トップページ >関連する他の国家資格> 土地家屋調査士と司法書士

土地家屋調査士と司法書士

土地家屋調査士と司法書士は、似たような業務を行う国歌資格者です。

司法書士は、土地建物の登記を業務にしています。
その司法書士が行う登記ですが、所有権の登記と権利の登記をします。所有権とはその名のとおりで、その土地や建物が誰のものか、誰から誰に所有権が移ったかということを登記します。

権利の登記では、その土地や建物についている抵当権などを登記してあります。


一方で土地家屋調査士が行う登記業務は、表示の登記を行います。
司法書士と同じように登記を業務にしています。

また、監督官庁が法務省であるのも司法書士と土地家屋調査士で共通していることです。

なので、法務局に行くと、管轄内の司法書士と土地家屋調査士の名札がぶら下がっていますよ。

このように業務の範囲が似通っていることから、また依頼するお客さんからしてみれば、一箇所で全てが済んだ方が手間がなくていいので、ダブルライセンスといって、司法書士と土地家屋調査士の両方の資格を取得して開業している人も少なくありません。

このように土地家屋調査士の資格は、司法書士の資格と隣接している法律資格といえます。

▲土地家屋調査士と司法書士 ページのTopへ